基本ポイント25倍 プレゼント!!
お買い上げ商品4円ごとに1ポイント還元
例外商品もございます、予めご了承ください。

ファインラボ L-グルタミンパウダ- 300g
品名
ファインラボ L-グルタミンパウダ- 300g
品番
s-04008
価格
3,780円(本体3,500円、消費税280円)
数量
在庫
在庫あり


グルタミンは骨格筋では遊離アミノ酸の60%以上を占めており、人体でもっとも豊富に存在しているアミノ酸です。必須アミノ酸ではありませんが、ストレス下等の特殊条件では必須であることが明らかとなり、現代では「準必須アミノ酸」とされています。

ストレス下の現代人の為のアミノ酸
グルタミンは、古くは細胞培養の研究から免疫細胞の生育に必須であることが発見され、ついで小腸細胞の主要エネルギー源であることが発見されるにおよび、次第にグルタミンの重要性が明らかとなってきました。近年では胃や小腸の粘膜修復作用があることや、ストレス下において筋肉がグルタミンを放出することが発見され、また免疫細胞のエネルギーともなることが分かってきています。このため古典的な意味での必須アミノ酸ではないが、ストレス下などの特殊条件では必須であることが明らかとなり、現在では「準必須アミノ酸」とされています。

小腸や免疫細胞のエネルギー源に
グルタミンは小腸や免疫細胞のエネルギー源となっっています。さらにプリンやビリミジン合成のための基質でもあり、これらはDNAやRNAの原材料でもあります。またグルタミンは体内でαケトグルタル酸に代謝され、クレプスサイクルの一部をなします。身体の要求するグルタミン量は非常に多く、そのため骨格筋を分解してグルタミンの必要量を補おうとするわけです。ちなみに小腸では一時間に7〜8gものグルタミンを消費していると言われています。

ハードなトレーニングの後はグルタミンを
50%VO2MAXの運動を行うと、運動開始後30分で血中グルタミン濃度は下がり始め、4時間後にはピークの60%程度になってしまい、さらに運動終了後5時間たっても、もとの濃度にまで回復しません。またオーバートレーニングに陥ると、トレーニング休止5日間たってもグルタミンはトレーニング前のレベルにまで戻らなかったという実験報告もあります。よってトレーニングをハードにするアスリートは特に、グルタミンを外から補給してあげる必要があります。

変性の心配がなく優れた安定性
従来まで、ペプチド状のグルタミンは変性の心配は無く非常に安定性が優れており、一方「L-グルタミン」は水に溶かした場合、y位のアミド基とα位のアミノ基とが容易に閉環し、ピログルタミン酸へと変性してしまい、「この状態ではグルタミンの持つ生理機能は存在しなくなる」というような認識が一般的に多かったようですが、最近の研究データによると、アスリートが現場にての一般的な通常使用の環境下では、殆ど変性の心配は無いと言う事が分かりました。双方とも、変性による心配は無いというものが現在の認識になります。

グルタミンとは
グルタミンは骨格筋では遊離アミノ酸の60%以上を占めており、人体でもっとも豊富に存在しているアミノ酸である。古くは細胞培養の研究から免疫細胞の成育に必須であることが発見され、ついで小腸細胞の主要エネルギー源であることが発見されるにおよび、次第にグルタミンの重要性が明らかとなってきました。 近年では胃や小腸の粘膜修復作用があることや、ストレス下において筋肉がグルタミンを放出することが発見され、また免疫細胞のエネルギーともなることが分かってきています。 このため古典的な意味での必須アミノ酸ではないが、ストレス下などの特殊条件では必須であることが明らかとなり、現在では「準必須アミノ酸」とされています。

グルタミンの必要性
前述のとおり、グルタミンは小腸や免疫細胞のエネルギー源となっています。さらにプリンやピリミジン合成のための基質でもあり、これらはDNAやRNAの原材料でもあります。 またグルタミンは体内でαケトグルタル酸に代謝され、クレブスサイクルの一部をなします。 身体の要求するグルタミン量は非常に多く、そのため骨格筋を分解してグルタミンの必要量を補おうとするわけです。 ちなみに小腸では一時間に7〜8gものグルタミンを消費していると言われています。  実際、50%VO2MAXの運動を行うと、運動開始後30分で血中グルタミン濃度は下がり始め、4時間後にはピークの60%程度になってしまい、さらに運動終了後5時間たっても、もとの濃度にまで回復しません。 またオーバートレーニングに陥ると、トレーニング休止5日間たってもグルタミンはトレーニング前のレベルにまで戻らなかったという実験報告もあります。 よってトレーニングをハードにするアスリートは特に、グルタミンを外から補給してあげる必要があり、実際に医療現場では手術や火傷、感染症、放射線療法の際などにグルタミンが投与されています。 なお、グルタミンには成長ホルモン分泌作用やグリコーゲンの蓄積作用もあり、さらにナトリウムの共輸送によって細胞内に水を引き込み、(これがアナボリック作用をもたらしてくれます)まったくインスリンが無い状態でも、グルタミンレベルを200%にした場合にタンパク合成が66%増加し、インスリンがある状態ではグルタミンを30%加えただけでタンパク合成が80%も増加したという実験結果もあります。    また、筋細胞内に水を呼び込み、保つ働きがあるので、筋肉の細胞のボリュームを増やし、アンチカタボリック(異化作用)を抑えます。 更に、疾患に対する抵抗力を高め、疲労回復を早め、成長ホルモンの分泌を促進させますとも言われています。

グルタミンの変性について
従来まで、ペプチド状のグルタミンは変性の心配は無く非常に安定性優れており、一方「L-グルタミン」は水に溶かした場合、γ位のアミド基とα位のアミノ基とが容易に閉環し、ピログルタミン酸へと変性してしまい、「この状態ではグルタミンの持つ生理機能は存在しなくなる」というような認識が一般的に多かったようですが、最近の研究デ-タによると、アスリ-トが現場にての一般的な通常使用の環境化では、殆ど変性の心配は無いと言う事が分かりました。双方とも、変性による心配は無いというのが現在の認識になります

お召し上がり方(メーカー推奨)
起床後、5g〜10g果汁ジュースや水などで
トレーニング後、トレーニング前後には果汁ジュース、その後も必要と思われる場合、炭水化物の多い食事と一緒に摂るのがお薦めです。
就寝前には水で飲むのが良いでしょう。また、αリノレン酸、リノール酸等の必須脂肪酸を多く含む油などとも混ぜても良いと思います。
※上記の飲料法が最適な例だと思われまが、個々運動のレベルに応じて適量を飲料して下さい

ファインラボ L-グルタミンパウダー 成分表
100g中
L-グルタミン 100g