基本ポイント25倍 プレゼント!!
お買い上げ商品4円ごとに1ポイント還元
例外商品もございます、予めご了承ください。

ファインラボ BCAA V1.2 250g
品名
ファインラボ BCAA V1.2 250g
品番
s-04007
価格
6,372円(本体5,900円、消費税472円)
フレーバー(味)
数量
在庫
在庫あり


リーンマッスル/パワーアップ/キープゲイン
BCAAをチャージする事により、パワーアップが期待でき、また長時間の過酷なトレーニングによって起こるホルモンレベルの低下によるカタボリック(筋肉の分解)をガードし、キープゲイン(筋肉維持)が期待できます。

リーンアップ
イタリアで行われた有名な実験では、レスラーを被験者にしてBCAAを投与したところ明らかにダイエットに成功しました。特に腹部のサイズの減少が顕著なことから内臓脂肪の減少が期待でます。

集中・覚醒
セロトニンと呼ばれるホルモンが脳内に大量に分泌されることで疲労感を感じると言われておりますが、BCAAをチャージする事によりセロトニンをブロックし、疲労感の軽減や覚醒を期待できます。BCAA V1.2はバリンの比率を高めることで、集中&覚醒を期待できるようにデザインされています。

スタミナ
BCAAは、体の中で行われるエネルギー生産経路に作用することでエネルギーになると言われています。そのためスタミナ向上が期待できます。

肝臓機能
肝機能に障害がある患者には、最近では高タンパク質食が推奨されています。その中でも、BCAAにはアンモニアの処理を促すなどの肝機能の改善を期待できることがわかってきています。

BCAAの比率(バリン・ロイシン・イソロイシン)
BCAAは、体内で合成されない9種類の必須アミノ酸の3つであるバリン・ロイシン・イソロイシンの総称です。 この3つのアミノ酸は枝分かれするような分子構造をしているため、分岐鎖アミノ酸(ブランチド、チェーン、アミノ、アシッド(BCAA))と呼ばれています。
筋肉を構成するたんぱく質の20%はBCAAで構成されており、筋肉で代謝されて重要なエネルギー源となります。 運動前や運動時にBCAAをチャージすることによって、カタボリック(筋肉の分解)やダメージをガードできる事が期待されています。
・バリン・ロイシン・イソロイシンの比率が1:2:1であるのは、魚や卵、牛乳などたんぱく質の豊富な食品の比率に近いため、この比率が用いられています。

BCAAの作用

1.アナボリック作用
BCAAにはいわゆるアナボリック効果があり、筋タンパクを新たに合成する作用があります。特にBCAAは良質タンパクを必要とする肝臓病の患者に投与されていまして、多くの臨床結果として、臓器タンパクや窒素バランス、血漿アミノ酸数値を是正するという効果が認められています。 また、ラットの肝硬変モデルを2群に分け、一方にカゼイン食、他方にBCAAを高濃度に含む飼料を与えた研究では、後者のほうが生存期間が有意に延長したとのことです。

2.脂肪減少作用
イタリアで行なわれた有名な実験では、レスラーを被験者にしてBCAAを投与したところ、明らかに脂肪が減少するという結果が得られたそうです(34%)。特に腹部の脂肪の減量が顕著で、おそらく内臓脂肪の減少がその原因であると考えられます。さらにBCAAを摂取すると長時間トレーニングに伴いがちなテストステロンレベルの低下を防ぐことができるということもわかっています。 減量中は長時間のトレーニングを余儀なくされることが多いため、筋肉量減少を防ぐ意味でもBCAAの摂取は効果があると期待されているわけです。

3.覚醒効果
疲労感を感じさせるホルモン、セロトニンはアミノ酸のトリプトファンから誘導されます。これが脳内に多く入ると、疲労感が起こるのです。 BCAAを摂取しておくと、トリプトファンが脳内に入るのを阻害することがわかっています。つまり、BCAAを摂ることによって疲労感の軽減や覚醒効果が期待できるわけです。 なお、BCAAは体内でグルタミン酸に代謝されるのですが、これがまた"アンモニア発生による疲労"を予防してくれるのです。 さらにグルタミン酸はアラニンを経てエネルギー生産にかかわってくるため、エネルギーアップも十分に期待できるのです。

4.スタミナ向上
BCAAは体内でアセチルCoAやアセト酢酸、プロピオニルCoAを作り出し、これがクレブスサイクルにおけるエネルギー源となります。 またリチャード・ファーシャインによれば"BCAAは体内の二酸化炭素を減らす効果がある"とのことであり、これらの働きによってスタミナの向上も起こることが予想できます。実際、BCAAに含まれるロイシンによって、高強度の運動に必要なエネルギー源が10%近くまで伸びたという実験結果もあるようです。 なお、二酸化炭素を減らす作用は《睡眠時無呼吸症候群》にも適用され、臨床での顕著な効果を挙げています。

5.肝臓機能強化
BCAAにはいくつかの薬物(四塩化炭素やキノコ毒)から肝臓を守る効果があることがわかっています。また、アンモニア処理を促すため、肝機能や腎機能を保護することにつながるはずです。 BCAAにはフィッシャー比(BCAAとチロシンなど芳香族アミノ酸との比率)を改善する作用があり、肝性昏睡などを防ぐ効果も知られています。

BCAA V1.2の構成成分、バリン、ロイシン、イソロイシンの配合比率について
BCAAはバリンとロイシン、イソロイシンの3種類アミノ酸から構成されています。それらの配合比率はバリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1であるのが代表的ですが、当社のBCAA V1.2の場合、この配合比率に着目し、運動現場からのフィ-ドバックとモニタ-テスト、また、日本で医療用BCAAとして使われている製品の臨床結果なども参考にして、バリンの比率を多くしてみました。

バリンの含有率を高めた理由
まず第一に、アスリートの間ではバリンを多めに摂取すると"覚醒作用"が高まるという報告があること。第二に多くの動物実験でもバリンを多くすることで様々な点に置いて有用であるという結果が得られたことなどが挙げられます。 つまり、バリンの含有量が多い「BCAA V1.2」は先に紹介した1〜5番のBCAAの代表的な効果をより強く体感できないかと期待されるわけです。 高いパフォーマンスや、集中力を必要とする、アスリートにとって「実践的なBCAA」それが「BCAA V1.2」のコンセプトなのです。

さまざまなスポーツシーンで使用が可能
BCAA V1.2は水に溶かせるので、さまざまなスポーツシーンで効果的にアミノ酸の補給が可能になりました。ランニングや自転車でのサイクリングの場合、走りながら水分補給と一緒にアミノ酸の補給も同時に可能となります。もちろん、粉のままそのまま口に含んで水などで飲んでいただいても問題ありません。またレモン風味がついているので、BCAA独特な苦味がないので、ストレス無く飲む事が出来ます。

お召し上がり方
1.トレーニング前〜トレーニング中の使用
一般的にはトレーニングの30分前に体重1kgあたり0.1〜0.2g”程度が良いと言われています。

2.ワークアウトドリンクとしての活用法
「BCAA V1.2」をワークアウトドリンクとして活用することもできます。多くのBCAA製品はアミノ酸独特の苦味があり、飲みにくさがあったのですが、「BCAA V1.2」はレモンフレーバーであるため、比較的、飲みやすくワークアウトドリンクとしても利用することができるのです。 ワークアウトドリンクとして利用する場合でも"体重1kgあたり0.1〜0.2g"を1リットル程度の水に溶かして飲むようにすると、さっぱりとした薄味のレモン風味の飲料水ができ、清涼感のあるワークアウトドリンクを作ることができます。 なお、BCAAは水に溶けにくい性質を持っていますが、長時間放置しておけば溶けます。溶けるまでの目安となる時間は1時間くらいですので、前日の晩に作り置きしたり、ワークアウトを始める1時間前くらいに作っておき冷蔵庫で冷やしておけばワークアウト中に美味しくBCAAを補給することができるはずです。ちなみに、BCAAは水溶液中では安定しているので、作り置きによる変成などは心配無用です。 当社のリカバーエネルギーとファイン・ラボ BCAA V1.2を併用すれば、最高の体内環境が作り出されるはずです。

3、ファイン・ラボ BCAA V1.2とリカバーエネルギーやプロテインなどの他サプリとの利用例
【1】トレーニング30分前にBCAA V1.2、トレーニング中にリカバーエネルギー、トレーニング後にプロテイン、就寝前、グルタミン
【2】トレーニング中にBCAA V1.2ドリンク、トレーニング直後にリカバーエネルギー + プロテイン

ダイエット時期など
【1】起床後BCAA V1.2とグルタミン、トレーニング30分前にBCAA V1.2、トレーニング中にBCAA V1.2ドリンク、トレーニング後にグルタミン又はプロテイン、就寝前にグルタミン
【2】ジョギング等の有酸素運動前、中、にBCAA V1.2ドリンク
【3】試合等の集中力が必要なときに運動前、中にBCAA V1.2ドリンク
組み合わせ、アイデア次第で、幅広くご利用いただけます。

※注意
BCAA V1.2の粉をそのまま口に入れ使用する時、BCAA V1.2は微粉状なので、粉を吸い込まないよう気をつけてください。

ファインラボ BCAA V1.2 レモン風味 成分表
BCAA(100g中)
エネルギー 400kcal
バリン 27.2g
ロイシン 45.2g
イソロイシン 22.6g
ナトリウム 0g
タンパクシツ質 90g
炭水化物 5g
脂質 0g